日中活動支援部門

仙台つどいの家

施設概要

施設名 仙台つどいの家
住所 〒983-0836 仙台市宮城野区幸町3丁目12−16
アクセス ■仙台駅バスターミナルより
・19番 市営バス東仙台営業所前行「青葉病院・幸町市民センター入口」下車徒歩3分
・18番 鶴ヶ谷七丁目行「幸町五丁目」下車徒歩7分
■地下鉄旭ヶ丘駅バスターミナルより
・6番 市営バス東仙台営業所前行「保健環境センター・青年会館前」下車徒歩10分
電話番号 022-293-3751
定員・事業内容 ●生活介護事業「仙台つどいの家」(30名/日)
●特例生活介護事業「さんしょ」(5名/日)
 ※主に医療的ケアの必要な重症心身しょうがいの方が通所

特徴

寄り添うこと(コミュニケーション支援)

  • 感動を共有する・感性を磨く。
  • 選択の機会をなるべく設け、意思を確認する。
  • コミュニケーションツールを活用する。

外出すること(社会とのつながり)

  • 個別のニーズに応じるために地域資源を活用する。
  • たくさんの体験でエンパワメントをはかる。

感情を表に出すこと(音楽・アート)

  • 音楽や芸術に触れる機会を多く提供する。
  • 自らが創り表現できる場の提供。

健康に生活すること(生と性の肯定)

  • バイタルチェック、医療的ケア、ストレッチ、プールなどの
    活動を通した健康保持
  • 通院援助による主治医との連携
  • 同性介護、性の学習会

地域の方と交流すること(存在の豊かさ)

  • 地域の人々との交流の中で、しょうがいに対する理解を進める
  • 地域の中での存在感のある活動を展開していく
  • 年代、しょうがいの有無に関わりなく、誰もが住みやすい街づくりを
    ともに進めていく

連携すること(ケアマネジメント)

  • 施設完結の支援ではなく、利用者の状態に応じて他資源と連携して支援する

ブログ

【仙台つどいの家】コロナな日々を楽しむ方法!③

コロナウイルス感染症の影響で外出を自粛している仙台つどいの家の面々ですが、『こんな時だからこそ』を合言葉に室内活動の充実に取組んでいます。その一つが『合同レクリエーション』。室内活動の定番ですが、全グループ合同でレクを楽 […]

more

【仙台つどいの家】とんがらし通信No.245 アップしましたー!

とんがらし通信の245号をアップしましたよー!   今回の内容は・・・   ◆施設長コラム   ◆新利用者・異動職員紹介 ◆【特集】私たちの思いを聞いて! ◆フォトコンテスト   ほか   […]

more

【仙台つどいの家】コロナな日々を楽しむ方法!②

自粛疲れの連休も終わりまた仙台つどいの家に活気が戻ってきましたが、世の中は相変わらずの状況ですので何か一計を…と。発作的な思いつきで始めちゃいました、『こんなときだからこそ ひとり一鉢ひまわりプロジェクト』。   […]

more